FUN FUN MUSIC FANCLUB

音楽、漫画などが生き甲斐のぐうたら人間が送るブログ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
半年くらいご無沙汰です。
もう誰も見てないかもしれませんが。

もうしばらくしたら、復活します。
移転かもしれませんが。

ではのちほど。
スポンサーサイト
20051209122404
最近更新してないなぁ。

昨日は仕事で幕張へ。

年末ここで過ごしたいなぁ。
200511162306124
200511162306122
20051116230612
生まれて初めてバトンがまわってきましたが
パソコン環境がないのでリンクが
貼れません。申し訳ない。

一応紹介だけ。

①GOING UNDERGROUND「トワイライト」

②ジャケットは違うけれど『ドラマチック』に収録
クラムボン「便箋歌」
③Death Cab For Cutie
『Transatlantieism』収録「The Sound of Settling」

今、優しくて泣ける曲はこれらしか思い出せない。

先輩からパソコン購入!
あとは繋げるだけだ。
20051113220907
シチューを作ってみた。うめぇ~。

20051031004804
平井堅「POP STAR」

《これは2005年最強のPOPソング》

POPったってそれこそ山ほど歌はある。
じゃあ平井堅は何が違うのか。
ただ純粋に歌がうまいのだ。「楽園」でブレイクしてから
どうにも、そっち方面の曲でバラードで、というパターンが多かったように思う。
勿体ないとずっと思ってた。確かにその手の歌で平井堅の魅力を充分味わえる。
でも引きだしはそれだけじゃない。いまいち売れなかったけど「style」は平井堅だからこその歌。

で、この歌。1stに帰ったかのようなポップな歌。
振り切れまくり。

内容はなんてことない。よくある歌。
でも歌が異常にうまいから、平凡になってない。
亀田誠二プロデュースというのもあるかもしれないけど。

ラブソング然り、歌ってることが平凡であればあるほど
曲ないし歌い手が非凡じゃないと多分飽きると思う。

川本真琴や平井堅、aikoはその部類に入るはず。
デーモン小暮閣下は歌はうまいけど、やっぱりHM/HR寄りだから
少しクセがあるね。

今度カラオケで歌って撃沈してみますか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。